モニター規約
第1条  総則
1.本規約は、株式会社JMR生活総合研究所(以下「当社」という)が行う調査事業(以下「本事業」という)に関して、第2条に定めるところにより当社が登録を承認したモニターと当社との間における権利義務関係を定めることを目的とするものとします。
2.本規約は社団法人日本マーケティング・リサーチ協会が定めるマーケティング・リサーチ綱領に準拠し、制定したものです。
3.本事業は、当社が当社または当社の顧客(以下単に「顧客」という)のためにアンケートや調査を行う目的で、当社が運営するWWWサイト(以下「本サイト」という)上にアンケートや調査のためのページを設け、回答依頼の電子メールをモニターに直接送信し、モニターが当該ページにアクセス、または電話、郵送などその他手段によって回答し、その回答を当社が集計・分析することによって行われるものとします。
4.当社が適当と判断する手段にて、制定、変更または修正の都度モニターに対してお知らせする諸規定は、本規約の一部を構成するものとし、モニターは、これを承認し、遵守するものとします。
5.当社は、モニターの事前の承諾を得ることなく本規約および諸規定を変更することができるものとします。
6.当社が本サイト上で掲示する個人情報の取扱に関する規定等において本規約の定めが異なる場合、本規約の規定が優先して適用されるものとします。

第2条  モニター
1.本契約における「モニター」とは、本規約を承認の上、当社が指定する様式にもとづく入会手続きを完了し、当社に登録を承認された方をいいます。但し、
  1. 既に登録されているモニターと同一のメールアドレスを利用してモニター登録すること
  2. 調査サービスを提供している企業・マスコミ・出版・広告代理店・コンサルティング会社に関係する職業に従事されている本人またはその家族の方がモニター登録することはできないものとします。
なお、モニター希望者が入会手続き時に当社に申請した情報、或いは、モニター登録後にモニターが変更手続きを行った登録情報に含まれる電話番号、住所及び氏名などから、モニター希望者またはモニターが既に登録されているモニターと同一であると当社が総合的、合理的に判断する場合、当社は、当該モニター希望者またはモニターの登録を、当社の裁量により拒絶または削除する場合があります。
2.前項に定める入会手続を完了した方であっても、当社がモニターとして承認することを不適当と判断した場合、当社は登録を承認しないことができるものとし、また、承認後であっても承認を取り消すことができるものとします。
3.義務教育学齢に該当するモニタ登録希望者については、登録時に当社が別途定める方法により保護者または親権者による承認手続きを行うものとします。
4.モニターは、当社が別途定める方式に従って、アンケートや調査に対する回答を行うものとします。
5.本条第1項但し書きの規定は、2003年10月20日以降に新たに登録するモニターに適応されるものとし、当該期日より前にモニター資格を取得したモニターについては適用されないものとします。

第3条  モニターIDおよびパスワードの管理
1.モニター登録の際に当社が発行するモニターIDおよびモニターパスワードの管理は、モニター本人がその責任において行うものとします。
2.モニターは、モニターIDおよびモニターパスワードの譲渡、貸与、名義変更、売買などの行為を一切行ってはならないものとします。
3.当社は、モニターIDおよびモニターパスワードの使用上の過失および第三者の利用に伴う損害に関し、一切の責任を負わないものとします。
4.モニターは、複数のモニターIDを取得してはならないものとします。

第4条  登録情報
1.モニター登録の際にモニターが申告した情報(以下「登録情報」という)は、当社が所有するものとします。
2.モニターは、登録情報のすべての項目に関して、虚偽の申告をしてはならないものとします。
3.会員情報のうち、個人を特定できる情報については以下の各号の場合を除き、原則として当社以外の第三者への提供は行いません。なお、提供を行う場合は必ず事前に会員本人の承諾を要するものとします。
  1. 会員に対し、あらかじめ示され、承諾された利用目的に合致する場合
  2. 企業等が行うべき法的義務のために必要な場合
  3. 公衆または利用者の生命または財産の保護のために必要と認められる正当な事由がある場合
  4. 裁判所、検察庁、警察、弁護士会、消費者センター、またはこれらに準じた権限を有する機関、もしくはその他の団体・個人から法令に基づき開示を求められた場合
4.前項の規定に拘わらず、当社は、モニターに対する電話または電子メール、郵便物の送付等モニターとの通信の目的に限り、モニターの事前の承諾を得ることなく、モニター個人を特定することが出来る情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス等)を自ら使用することができるものとします。
5.モニターは、住所、電話番号その他の登録情報に変更が生じた場合、速やかに当社所定の変更手続きを行うものとします。
6.モニターは、当社所定の手続により、いつでも自己の登録情報を確認することができ、登録情報の内容に誤りがある場合にはこれを修正または抹消することができるものとします。
7.モニターが当社所定の手続により登録情報の利用停止を請求した場合には、当該請求以後、当社は、当該モニターに関する登録情報の利用および第三者への開示を行ってはならないものとします。

第5条  モニターの行為禁止事項
モニターは、本サイトまたはメール等を通じて以下に該当する行為またはその恐れのある行為をとってはならないものとします。
  1. 公序良俗に反する行為
  2. 法令に違反する行為
  3. 他のモニターまたは第三者の著作権(著作権、意匠権、特許権、実用新案権、商標権、ノウハウが含まれるがこれに限定されない)を侵害する行為
  4. 他のモニターまたは第三者を誹謗、中傷する行為
  5. 他のモニターまたは第三者に不利益を与える行為
  6. 選挙運動もしくはこれに類似する行為、または公職選挙法などの法令に違反する行為
  7. 本事業の運営を妨害する行為
  8. 虚偽の登録またはアンケートや調査の回答を行うこと
  9. 当社が承認していない営業行為
  10. コンピュータウィルス等有害なプログラムを使用するもしくは提供する行為、またはそのおそれのある行為
  11. その他、当社が不適当と判断する行為

第6条  電子メールの受・発信
1.登録情報の内容と異なるメールアドレスにて受・発信を行ったことにより当該モニターに不利益または損害が発生しても、当社はその責任を負わないものとします。
2.モニターは、当社からの電子メールに対して返信するにあたり、当社の指定する方法により返信するものとします。
3.当社の指定と異なる方法で返信を行ったことにより当該モニターに不利益または損害が発生しても、当社は、その責任を負わないものとします。
4.モニターがモニターとして発信する電子メールの本文中の記載内容に関して、当社はその責任を負わないものとします。
5.当社からモニターに対して発信された電子メールまたはモニターから当社に対して発信された電子メールの不達により当該モニターに不利益または損害が発生しても、当社はその責任を負わないものとします。

第7条  回答内容の著作権
1.本事業に基づき行われたアンケートに対してモニターが行った回答内容の著作権は、全て当社に帰属するものとし、また当社は、その回答内容を自由に選択し、論理的判断に基づいて修正および編集することができるものとします。なお、モニターは、当該著作権に係る著作者人格権を当社及び第三者に対して行使しないものとします。
2.当社もしくは顧客またはこれらのものに指定されたものは、本事業に基づき行われたアンケートや調査に対してモニターが行った回答内容を利用し、モニター本人の承諾なしに開示することができるものとします。なお、登録情報の取扱については、第4条に定めるところによります。

第8条  回答に対する報酬
1.当社は、アンケートや調査に対する回答の報酬として、モニターに対し、抽選による景品、または景品に精算可能な当社規定のポイントを提供する場合があります。
2.アンケートや調査において、虚偽の申告等を行ったことが判明した場合、当社は、当該アンケートの参加とは認めない(ポイントの対象としない)ことがあります。 また、回答が途中で放棄されたり、不完全のまま終了した場合はポイントまたは図書券等謝礼の対象としないことととします。
3.第1項に定める報酬の種類、提供方法及び提供期間は、各アンケートや調査ごとに当社が定めるものとします。
4.景品を受け取る権利のあるモニターが本規約の定めに従いモニターの資格を喪失する場合、当該モニターがすでに取得したポイントは、当社が特に定める方法により精算される場合以外は消失するものとし、当該モニターは、当社に対して何らの請求権を有しないものとします。
5.モニターは、ポイント及びその請求権を第三者に譲渡してはならないものとします。
6.景品の抽選は当社が別途定める方法で行うものとし、ポイント計算は当社が算出したものを基準とします。
7.抽選及びポイント精算による景品の発送先は、日本国内に限定するものとします。

第9条 モニターの守秘義務
1.モニターは、実際にアンケートや調査に回答したか否かにかかわらず、当該アンケートや調査を通じて知り得た情報について守秘義務を負うものとします。
2.ここで言う「守秘義務」とは、アンケートや調査の回答内容を当社およびモニター本人以外の第三者に一切漏らさない義務、ならびに、アンケートや調査の質問内容その他を通じて知り得た情報ならびにアンケートのHTMLファイル上に使用されているテキスト・データ、画像データおよびその他すべてのデータを、いかなる手段・方法によっても当社及びモニター本人以外への第三者へ漏洩せずかつアンケートや調査への回答以外のいかなる目的にも使用・転用しない義務を含みますが、これにかぎられるものではありません。
3.アンケートや調査の質問文または依頼文中に守秘義務の期限についての具体的な記述がない場合の守秘義務の期限は、アンケートや調査開始日から起算して1年間とします。

第10条 登録の抹消
1.当社は、モニターの承諾の有無にかかわらず、以下の項目のいずれかに該当する場合、モニターの登録を抹消することができるものとします。
  1. モニターがモニターIDまたはモニターパスワードを不正使用した場合
  2. モニターが本事業を営業目的で不正使用した場合
  3. 登録された情報が第2条第1項但し書きに反すると当社が判断した場合
  4. 登録された情報および本事業においてのモニターの行為が第5条の定める禁止事項に該当すると当社が判断した場合
  5. その他、モニターが本規約のいずれかに違反した場合
  6. 登録された電子メールアドレスに配信が不可能な場合
  7. 当社からの連絡に対するモニターの回答が一定期間無い場合
  8. その他当社が適当と認めた場合
2.第1項に基づいてモニターの登録が抹消された場合、そのモニターは本事業に関連して保有していたポイントを含むすべての権利を失うものとします。また上記aからiに基づいて当社がモニターのモニター資格を削除した場合であっても、当社は当該モニターに対して一切責任を負わないものとします。

第11条 退会
モニターは、自己のモニター登録の取消しをのぞむ場合、所定の手続きに従い当社に届けるものとします。モニターから登録の取消しの届出があった場合、当社は当該モニターの退会処理を行い、モニターの登録を取り消すものとします。 モニターは、退会と同時に全てのポイント、特典を失うものとします。また、当社は退会以降の精算、問い合わせなどの一切の事務手続きを行わないものとします。

第12条 通知等
1.当社からモニターへの通知は、本規約に別段の定めがある場合を除き、本サイトでの掲載、当社からモニターへの電子メール、ファックス、郵送またはその他当社が妥当であると認める方法により行われるものとします。
2.前項の通知が電子メール、ファックスまたは郵送で行われる場合、登録情報に記載されたモニターが指定する電子メールアドレス、ファックス番号または住所への発信または発送をもって通知が完了したものとみなします。なお、モニターは、自己の登録情報の内容の誤り、または、通信または配送途中の事故により、モニターが当社からの通知を受領することができなかった場合、当該通知については、通知が完了したものとみなされることをモニターは、予め異議なく承諾するものとします。
3.前々項の通知が本サイトでの掲載により行われる場合、ログイン画面またはその他本事業を運営するサイトの他の画面上で通知を告示したときから合理的な期間を経過したときをもって、当該通知は、モニターに到達したものとします。
4.モニターから当社への通知、アンケートや調査への回答、登録情報の確認・変更その他本サイトの掲載内容の確認等を、電話、ファックスまたは電子メールで行う場合にかかるインターネット接続料金及び通信料金並びにパケット使用料金等一切の費用は、モニターが負担するものとします。また、当社からモニターへの通知、回答依頼等を電子メールまたはFAXで行う場合の受信に係る費用(インターネット接続料金、通信料金、パケット料金及びFAX用紙代等一切の費用)は、モニターが負担するものとします。

第13条 設備等
モニターは、調査に回答するために必要なPC端末、通信機器、その他すべての機器を自己の負担において準備するものとします。また、自己の費用で使用する機器を持って電気通信サービスを利用して当社が指定するサーバへ接続するものとします。その際、必要な手続きはモニターが自己の責任と費用で行うものとします。

第14条 本事業の内容の変更ならびに本事業の一時中断、停止および中止
1.当社は、いつでも、何らの告知なしに、またモニターの承諾の有無にかかわらず、本事業の内容の全部もしくは一部を変更し、または本事業の一部もしくは全部を一時中断、停止もしくは中止する場合があります。
2.第1項に基づく内容の変更または一時中断、停止もしくは中止によってモニターに不利益または損害が発生した場合、当社はその責任を負わないものとします。

第15条 専属的合意管轄裁判所
当社およびモニターは、当社とモニターの間で本規約に関連して紛争が生じた場合は、東京地方裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意します。

第16条 その他
1.当社は、本事業を第三者に譲渡する場合、モニターに事前に通知することにより、本規約に基づく全ての権利及び義務を承継、売却、合併その他の方法で、第三者に譲渡することができるものとします。また、モニターは、この場合において、当社がかかる権利及び義務を譲り受けるものに登録情報及びアンケートや調査に対する回答内容を当該第三者に開示することを予め了承するものとします。
2.本規約のいずれかの規定が管轄裁判所によって法律に違反していると判断された場合には、かかる規定は、効力のあるその他の残りの条項をもって当社の意向を出来る限り反映するように解釈することとします。
3.本規約のいずれかの条項が無効または実施できないと判断された場合には、それらの条項の有効または実施できる部分及び本規約の残りの条項は、引き続き有効かつ実施できるものとします。
4.当社によるモニターの本規約への違反に対する権利の放棄(明示または黙示を問いません)は、その後のモニターの本規約への違反に対する権利の放棄を意味するものではありません。
5.モニターは、本事業から生じるまたはそれに関連するいかなる訴訟も、当該訴訟の原因が生じてから1年以内に開始されなければならないことに合意し、当該期間経過後は、そのような訴訟は、永久に提訴できないものとします。
6.本規約の異なる定めに拘わらず、当社は、本事業を実施するにあたり、当社の故意または重大な過失に基づく債務不履行または不法行為に起因してモニターに損害が生じた場合、モニターに対し、当該損害を賠償するものとします。ただし、当社は、モニターに発生した使用機会の逸失、業務の中断、またはあらゆる種類の損害(間接損害、特別損害、付随損害、派生損害、逸失利益を含みます)に対して、たとえ当社がかかる損害の可能性を事前に通知されていたとしても、いかなる責任も負わないものとします。

附則
制定:2003年10月20日
改訂:2006年10月19日
改訂:2008年5月19日

                                                       以 上